【マーケテイング心理】消費者が「買いたくなる行動」”うなずき編”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
d6fa1cbc712829d13a0becfae04e6522_s

 

心が行動をコントロールするのと同様、行動もまた、心をコントロールします。

そのことを巧みに使い、世の中には消費者に意図した感情を起こさせるために、行動をコントロールしていることがあります。

その中の1つが、”うなずき”です。

“うなずき”によって、人は無意識に好感を抱くと言われています。

 

 

ヴュルツブルク大学のイェンス・フォスターが面白い実験を行っています。

定番商品をコンピューター画面上で水平方向・垂直方向に移動させ、被験者は商品を目で追うために、首を上下または、左右に振る必要がある状態を作りました。

その後、その商品を購入するかどうか検証を行った結果、

 

うなずいた被験者(垂直方向に商品を動かした)は商品に好感を持ち、購入する確率も高かったが、首を振った被験者(水平方向に商品を動かした)は商品に対する評価が低く、購入しようとしなかった

 

この結果をもとに、ニューロマーケティングの父”デイビット・ルイス”は、

 

顧客が頻繁にうなずくような演出をすれば、購買意欲が高まり、首を振るようにすれば、売上が低下する可能性がある」と言及しています。

 

と言うことは、

 

某ハンバーガーショップの場合

7b41efb1

↑よりも、

L6Gkq

↑のほうが、ハンバーガを選択する時の、垂直方向の動きが多いため、購買確率が高い。

 

アパレルショップのウィンドウ

o0480036012625889671

↑よりは、

 

28_20150205202841fdb

jirei_shop_fdy_4SU1HXzM2NDkUAQ

↑のような陳列のほうが、購買されやすいと考えられます。

 

もちろん、そもそも商品が魅力的である必要がありますが、それだけでなく、陳列の仕方へ心理学の研究を活用してみるのは、いかがでしょうか。

 

参考文献:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

プロフィール

山本マサヤ

心理戦略コンサルタント&メンタリストとして心理学セミナーや、メンタリズムパフォーマンス、企業・人材コンサルティングをしています。
Mensa会員(IQ150以上)。

Twitterのフォローお願い致します。


YouTubeチャンネル

コメントを残す