2018-11-14

【メンタリストがオススメの1冊】運のいい人の法則

The following two tabs change content below.

山本 マサヤ

【心理戦略コンサルタント&メンタリスト】 『心理学で人間の不思議を解き明かして社会実装する』 心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ため、心理学を駆使したマーケティング戦略立案や人材育成のセミナーを開催。 また、メンタリズムという心理誘導や読心術のエンターテイメントショーも行う。 トップランナー100人選出(クラウドワークス株式会社、株式会社サイバーエージェント)/MENSA所属 詳しい情報はについてはこちらから『about 山本マサヤ』 お仕事などのお問い合わせは『お問い合わせ』からご連絡ください。

心理学の研究者であり、マジシャンでもある著者のリチャード・ワイズマンが、数百人もの「運がいい人」と「運が悪い人」の特徴・行動を統計的に分析した結果がまとめられた1冊です。



運がいい人は、偶然に運がいいわけではなく、自分で運を引き寄せており、意図的に運を引き寄せることが可能だと著者は言っています。



そのカギは「自分は運がいいと思うこと」です。



運がいいと思うことで、運を引き寄せるために必要な人的ネットワークや行動力、落ち着き、折れない心、健康を発揮することができていることを著者は発見しました。



著者は参加者を募って「運がいい人の行動を意図的に行う」ことで運を鍛えることができるのか実験を行なっている。



それが、「幸運のワークショップ」

そのワークショップの内容も本書で紹介されています。



そのワークショップの結果、参加者の幸運度は平均で80%も増加した。

仕事面や健康面、経済面、家族面、人生全般において、満足度が向上しています。



「幸運のワークショップ」に興味のある方は、本書を読んでみてはいかがですか?



よし、俺も運がいいぞ!!!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA