【◯◯効果】メンタリズムであなたの脳をハックしてみた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、メンタリストの山本マサヤです。

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、私はメンタリストとして、

心理学セミナーや心理学を使ったコンサルティング、メンタリズムのパフォーマンスを行っています。

 

例えば、このような感じです。

 

人の意思決定を誘導したり、心の中を読んだりするパフォーマンスをメンタリズムと呼ばれています。

 

今回はみなさんにもメンタリズムを体験していただきたいと思っています。

以下の問題に答えて欲しいのですが、問1、2に関しては声に出して答えていただき(電車の中なら小さな声で大丈夫です)、問3はあなたの直感で思いついた物を答えてください。

うまくいくかは分かりませんが?汗”

 

1.ケニアは何大陸にありますか?

 

 

 

 

2.チェスで使われる正反対の色は、何色と何色?

 

 

 

 

3.直感で思いついた動物の名前を言ってください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、あなたは最後の質問に何て答えましたか?

もし、あなたがシマウマを選んでいたらメンタリズムは成功です。

 

心理学を使っているので、全員が成功するわけではないのですが、いかがだったでしょうか?

たくさんの人が成功していると嬉しいです。

 

 

さて、このメンタリズムについて解説していきましょう。

 

相手の意思決定を誘導するプライム効果

 

実は、問1〜2までであなたがシマウマを選ぶように誘導していました。

 

問1の回答はアフリカ

問2の回答は白と黒

 

 

上記の質問は、アフリカに住む白黒の動物を選びやすくなるように誘導しています。

 

これは、アメリカの著名な心理学者ダニエル・カーネマンによって行われた実験で、

「事前情報があなたの意思決定にどのような影響を与えるのか?」検証したものです。

この無意識で自動的な現象はプライミングと呼ばれています。

 

実験の結果、約2割の人が「シマウマ」と答え、約半数が「アフリカの動物」を選択しました。

ちなみに、事前の質問をしないと「シマウマ」が選択される確率は1%にも満たしません。

 

メンタリストのDaiGoさんも、観客に何かを選ばせる時にプライミングを行っているのが印象的ですね。

 

人の記憶はネットワーク構造になっており、1つの記憶を引っ張り出すことで、それに紐付く情報を引き出しやすくなります。

 

今回の質問でも「アフリカ」+「白黒」という情報と紐付いた「シマウマ」が思い出されやすくなっています。

 

この手法は、テレビCMでも多く活用されていまし、プライミング効果に関する面白い実験がたくさん行われています。

 

例えば、こんなの

・過去にやった悪い罪を思い出した後は人は長く手を洗う

・ビジネスに関する写真を見た後は、自分の利益を優先させる行動をとるようになる。

・老人に関する情報を見せられた後の人は歩くスピードが遅くなる

などなど

 

今後、ちょっとずつ面白い実験をご紹介していきたいと思います。

 

参考文献:

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

プロフィール

山本マサヤ

WoWmeアンバサダー就任

心理戦略コンサルタント&メンタリストとして心理学セミナーや、メンタリズムパフォーマンス、企業・人材コンサルティングをしています。
Mensa会員(IQ150以上)。

Twitterのフォローお願い致します。


YouTubeチャンネル

コメントを残す