【分析心理学】ハードルの高すぎる心理学者の「友達の定義」。でも、◯人はいるはず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-shared-img-thumb-PP_gekoucyuunojc_TP_V

最近、「友達の定義」に関するツイート話題を集めています。
心理学者の定義する友達が、

 


「午前0時に家に駆けつけて、家のトランクにある死体を見せた時に、黙って話に乗ってくれる人」

いや。。。たぶんいない。。。。。

 

 

別の進化分析学の専門家 ロビン ダンバー 曰く、人間の脳的に付き合える友達の限界は150人

その、150人のうち、なんでも打ち明けることができる、本当に親しいと言える友達は、赤色の3〜5人だと言われています。

参考:友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

 

 

つまり、あなたの周りには3〜5人、「友達(死体を見せて、相談に乗ってくれる人)」がいるはずです!!!

。。。。。たぶん。。。。。いる?。。。。いや、いない。。。。

 

最後に、今回話題になった、心理学者の河合隼雄の名言を1つ、

「のぞみはもうありません」
と面と向かって言われ、私は絶句した。
ところがその人が言った。
「のぞみはありませんが、光はあります」
なんとすばらしい言葉だと私は感激した。
このように言ってくださったのは、
もちろん、新幹線の切符売場の駅員さんである。

おわり

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽プロフィール∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

– 山本マサヤ –
DSC_0004_1

〜心理学の可能性に挑戦する〜

IQ150以上(Mensa所属)の心理戦略コンサルタント&メンタリストとして、日常生活やマーケティングなど実践で使える心理学のセミナーや、メンタリズムパフォーマンス、コンサルティングを行う。
ネット、テレビ番組への出演やイベント出演、企業のマーケティングコンサルを行う。

→プロフィール

 

Twitter:フォローお願いいたします!
@3m_masaya

 

アメブロ:日常のブログを更新しています

 

YouTubeチャンネル : メンタリズムの実験映像


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

プロフィール

山本マサヤ

心理戦略コンサルタント&メンタリストとして心理学セミナーや、メンタリズムパフォーマンス、企業・人材コンサルティングをしています。
Mensa会員(IQ150以上)。

Twitterのフォローお願い致します。


YouTubeチャンネル

コメントを残す