心理学コラム

【人間性診断】利き耳から相手の思考タイプを読む

The following two tabs change content below.

山本 昌寛

代表取締役株式会社Infinite Innovation
【心理戦略コンサルタント&Mind-illusionist】 トップランナー100人選出(クラウドワークス株式会社)。 MENSA所属。 心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ため、心理学を駆使したマーケティング戦略立案や人材育成のセミナーを開催。 また、メンタリズムという心理誘導や読心術のエンターテイメントショーも行う。 詳しい情報はについてはこちらから『about 山本昌寛』 お仕事などのお問い合わせは『お問い合わせ』からご連絡ください。

 

前回の投稿で、

左耳から入った情報は、右脳へ届きやすく、右脳は人間の感情を司る部分だと言われています。

という書き込みをしたが、実は利き耳によって、相手の思考タイプが分かる事があります。

利き耳が右耳だと、左脳派。

利き耳が左耳だと、右脳派です。

出典:IQ脳.com

利き耳がどちらなのかは、簡単に特定することができます。

・電話で話す時に受話器を当てる耳がどちらか?

・話を聞こうと向ける耳がどちらか?。。。等
NLPにおいても、相手と信頼関係(ラポール)を早い段階で作り、コミュニケーションを円滑に進めるために、思考タイプを特定し合わせた発言をするテクニックがあったりします。

 

PAK86_ryoumimidekikikaesudansei20140713_TP_V

周りにいる友人や街中の人たちの利き耳や、ネット上で聞き耳を立てる画像(兵庫県のとある議員の写真だったり)を見てちょっとしたゲームだと思って、思考タイプを予想してみるのはいかがでしょうか?
話が伝わりにくい人がいたら、もしかしたら、思考タイプの違いによるものかもしれません。

この傾向から、相手の職業も予測できたら、メンタリズムっぽいですね。

※利き耳に関する研究は、群馬大学の研究所で進められており、実験に協力してもらえるボランティアの方を募集しているそうです。

群馬大学医学部の椎原康史教授のHP

Add Comment

Click here to post a comment

CAPTCHA