ミラーリングは効果的に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
91520b75-s

相手と信頼関係を築くために活用されるテクニックに「ミラーリング」というものがあります。

多くの心理学の本には、「相手と動作を合わせる 」「姿勢を合わせる」「発言を合わせる」などの方法が紹介されていますが、これを素直に受け止めてしまう人が多いようです。

あまり大げさに合わせすぎてしまうと、相手に気味悪がられてしまう可能性があります。

ミラーリングの本来の目的は、「相手とラポールを築く」こと、そのためには、相手と感情を合わせる必要があります。(共感を築く)

「ミラーリング = 相手の感情を自ら感じ取ること」です。

どうやって、相手の感情を自らも感じることができるのか?

怪しまれにくく、効果的な方法としては、相手と表情を合わせることが考えられます。

表情は感情によって作られるものですが、表情から感情を喚起することが可能だと言われています。

なので、相手と同じ表情(笑顔・不安・嫌悪)をすることで、相手が何を感じているのか共感し、ラポールを効果的に築くことが可能だと思われます。

ミラーリングはとても簡易的、かつ、効果的なテクニックですが、一歩間違えると、相手に不信感を抱かれてしまう可能性があるので、十分に注意して活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

プロフィール

山本マサヤ

心理戦略コンサルタント&メンタリストとして心理学セミナーや、メンタリズムパフォーマンス、企業・人材コンサルティングをしています。
Mensa会員(IQ150以上)。

Twitterのフォローお願い致します。


YouTubeチャンネル

コメントを残す