心理学コラム

【NLP】目線で相手の心を読む方法

The following two tabs change content below.

山本 マサヤ

代表取締役株式会社Infinite Innovation
【心理戦略コンサルタント&メンタリスト】 トップランナー100人選出(クラウドワークス株式会社)。 MENSA所属。 心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ため、心理学を駆使したマーケティング戦略立案や人材育成のセミナーを開催。 また、メンタリズムという心理誘導や読心術のエンターテイメントショーも行う。 詳しい情報はについてはこちらから『about 山本マサヤ』 お仕事などのお問い合わせは『お問い合わせ』からご連絡ください。

メンタリストとして、観客の心を読むパフォーマンスをしていると、よく、「どうやったら、相手の心を読めるのか?方法を教えて欲しい」、と、言われます。

今回は、その秘密として、相手の目線から、何を考えているか予測する方法を公開します 。

もし、彼氏・彼女がウソを付いているのか、分かれば。。。。

そのテクニックは、NLPという心理療法で活用されているテクニックで、”アイ・アクセシング・キュー”と呼ばれています。

このテクニックを使うことで、相手が作り話をしているのか、昔のことを思い出しているのかを読むことができます。


出典:MindCraft

相手が考え事をしている時に、

  • 左側または、左上を見ている時は、作り話を考えている(創造的思考)
  • 右側または、右上を見ている時は、過去を思い出している。(記憶的思考)

と、言われています。

(注:統計的に上記のような差があっただけであり、個人差がありますのでご注意ください。 私は誤差を調整するために、最初に「過去にあった思い出を思い出してみてください」と、お願いし、どちらに目線が行くか確認しています。)

目の動きと、脳の活動には密接な関係があり、レム睡眠の時に目が動くのは、脳の活動と関係があると言われています。そのため、REM(レム)睡眠の脳が活動している睡眠状態 = Rapid Eye Movement(目がキョロキョロしとるやん)という名前が付いています。

ぜひ、皆さんの周りの方の目の動きに注目してみてください。

参考資料:

本当かウソかは目で分かる!?

Add Comment

Click here to post a comment

CAPTCHA