人間行動学を使ってじゃんけんに勝つ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-shared-img-thumb-WEB86_bonpower20150207120628_TP_V

突然ですが、じゃんけんをしましょう!

「じゃんけん、ぽん!!」

何を出したか覚えておいてください。
ここで、あいこだったとしましょう。

もう一回。

「あいこでしょ!」

1回目と、2回目に出したものはしっかり覚えてえおいてくださいね。
この、じゃんけんの出す順番が誰でも予測できれば、じゃんけんに負けてきたあの悲しい日々におさらばできる!!!
サセックス大学のベンジャミン・ジェームズ・ダイソンらが、200回以上にわたるじゃんけんを検証し、じゃんけんの出す順番を統計的に解析しました。

-shared-img-thumb-150711219368_TP_V

 

最初に出すもの:

最初に相手が出すものについて、統計的な優位差はなく、若干グーを出す場合が多かったそうです。

じゃんけんを300回以上検証した結果出された割合は、グーが35.66%、パーが 32.12% チョキが 32.23%なので、若干グーが出される可能性が高いことがわかります。

パーとチョキは、ほとんど同じくらいですね。

 

あいこになった場合:

さて、最初のじゃんけんであいこになった場合、次に相手が何を出すのかお互いの心を読む心理戦が始まります。

統計的には、どうなのでしょうか?

その結果が以下。

img_0150

 

c)と、d)のグラフは、最初のじゃんけんで、相手が勝った・負けた場合に次に何を出したかなので、置いておいて、b)のグラフに注目してください。

最初に相手がグーを出した場合、次に出されるものは、ほぼ予測不可能です。笑”

同じものを出す確率も、チョキを出す確率も、パーを出す確率もほぼ同じです。

若干の可能性があるとすると、グーを出した人は次にチョキを出す可能性が高いです。

パーを出した人は、次にグーを出す可能性が高いです
同じパーを出す確率は低いので、こちらもグーを出すと、相手がチョキを出しても、あいこになります。

チョキを出した人は次に、グーを出す可能性が高いです。
同じチョキを出す確率は低いので、こちらはパーを出すことがベストな戦略となるでしょう。

 

みなさんが最初にやったじゃんけんの結果と、合っていたでしょうか?

 

今回の投稿はちょっと、メンタリズムっぽかったではないでしょうか。

こんな面白い実験事例をたくさん紹介できればなぁ〜

 

※本件を活用したじゃんけんでの損失に関して、当方は一切の責任を持ちません。自己責任でやってください♡笑”

参考:

Negative outcomes evoke cyclic irrational decisions in Rock, Paper, Scissors
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

プロフィール

山本マサヤ

心理戦略コンサルタント&メンタリストとして心理学セミナーや、メンタリズムパフォーマンス、企業・人材コンサルティングをしています。
Mensa会員(IQ150以上)。

Twitterのフォローお願い致します。


YouTubeチャンネル

コメントを残す