心理学コラム

【メラビアンの法則】第一印象は3〜5秒で決まる。

The following two tabs change content below.

山本 昌寛

代表取締役株式会社Infinite Innovation
【心理戦略コンサルタント&Mind-illusionist】 トップランナー100人選出(クラウドワークス株式会社)。 MENSA所属。 心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ため、心理学を駆使したマーケティング戦略立案や人材育成のセミナーを開催。 また、メンタリズムという心理誘導や読心術のエンターテイメントショーも行う。 詳しい情報はについてはこちらから『about 山本昌寛』 お仕事などのお問い合わせは『お問い合わせ』からご連絡ください。

f:id:yamamoto-m0408:20151005022741j:plain人の印象は出会って、3〜5秒で決まると言われています。(適応性無意識)

そんな3秒勝負の第一印象について、どこを1番気をつければいいのか。

 

f:id:yamamoto-m0408:20151005015629g:plain

出典:有名すぎる メラビアンの法則

上記は、「メラビアンの法則」と言われ、人が他人へ影響を与える要素の構成比として、アルバート・メラビアンが発表しています。

人は何かを判断する時に、話の内容などの聴覚情報よりも、容姿などの視覚情報を最も信頼するという研究結果です。

「あなたは悪く無い。」と、浮かない表情や目線を合わせず言われると説得力が低いのは、視覚情報のほうが優越性が高いためだと、メラビアンによる研究で立証されています。

梅干しを見た瞬間にツバが出るように、第一印象で刷り込まれたイメージは、その人に再度出会った瞬間に無意識に感情に働きかけます。(アンカーとトリガー)

第一印象はとても重要で、一度刷り込まれた印象は、なかなか書き換えることができないと言われています。

また、上記のグラフにある通り、容姿だけでなく、表情や姿勢も重要となります。

決して、容姿がいいだけでは、ダメということです。

清潔感や、笑顔も容姿と同じくらい重要ということですね。

もちろん、ビジネスにおいても、説得力が薄いが綺麗に整った美しいデザインの資料は、説得力のあるデザインが整理されていない資料よりも説得力があると言われています。

 

もし、第一印象に関する勉強がしたい場合、第一印象に関する書籍は多数あり、海外の文化の影響も大きいため、日本にあった書籍を読むことをオススメします。

以下の書籍なんかがオススメです。

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

 

マジシャンもスタイルにもよりますが、怪しすぎる格好は、「どうせイカサマしてるんでしょ」と思われる可能性があるため、要注意が必要です。

僕もパフォーマンスを行うときは、目立つために派手過ぎる格好などはしないようにしています。

 

そもそも、その第一印象などの直感は「適応性無意識」と呼ばれており、心理学の重要な分野として研究が行われています。

また後日、ご紹介させていただきます。

Add Comment

Click here to post a comment

CAPTCHA