【効果的な練習法とは】あなたはイメトレ派?実トレ派?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、山本マサヤです。

 

みなさんは映画、マトリックスをご存知ですか?

 

マトリックスのあらすじ

プログラマとして大手ソフトウェア会社に勤務するトーマスは、コンピューター犯罪を巻き起こす天才クラッカー、ネオという裏の顔を持っています。平凡な日々を送る彼は、目は覚めているが夢の中にいるような感覚に違和感を覚えます。

そんな時に彼のもとに「起きろ、ネオ」「マトリックスがみている」という不可解なメールが送られてきます。そして現れた謎の女性と彼女の仲間のモーフィアスによって、今生きている世界が仮想の現実であって、それはコンピューターによって操作されているということを知らされます。

そうしてトーマスは、現実の世界で目を覚ますことを決意し、人類をコンピューターの支配から解き放す戦いに参加することになったのでした。

出典:映画『マトリックス』シリーズのあらすじ、登場人物、キャスト、吹き替え声優、解説考察

 

1999年に上映されたこの作品は、爆発的大ブームとなりました。

まだ小学生だった僕もこの作品にどハマりしました。

「マトリックス!」とか言って、銃弾を避けるポーズの真似をしてたようなw

 

 

 

さて、この映画では、登場人物はあらゆるスキルを身につけています。

ガンファイト、格闘技、ハッキング、バイク運転などなど

彼からはどのようにそのスキルを身につけているかというと、

インストールしてます。

 

プラグを脳に差し込んで、脳内に必要なスキルを都度インストールしているのです。

そんなことができれば、夢のようですよね。

スキルの習得に何千時間もかかるようなもので、あっという間に習得できてしまう。

 

実は、そのような仕組みがまだ無いわけではありません。

脳に電気信号を与えて、飛行訓練の成績をアップさせる実験も成功しているようです。

詳しくは:

英語を一瞬で脳にインストールする、マトリックスのような時代がくる!待ってたぞォォーーー!

 

ただ、この機械を買って家で実践するのはコスト的にも高いので、

ちょっと現実的ではありません。

 

イメトレと実トレどっちが効果的?

 

そこで、あなたの脳をうまく使ってみましょう。

 

1975年にマイケル・サミュエルズとサンシー・サミュエルズは高校バスケットボール選手を被験者とした有名な実験を行っています。

選手を3グループに分けて、全員に20日間フリースローの練習をさせました。

  • グループ①
    毎日実際にフリースローの練習をする
  • グループ②
    最初と最後の日だけ実際に練習をする。
  • グループ③
    実際に練習したのは最初と最後の日のみで、残りの18日間は完璧なゴールを決めている自分をイメージする。

どのグループが一番、スキルが向上したでしょうか?

やっぱり、グループ①でしょうか?

 

実は、実験の結果、グループ①とグループ③の改善率はほぼ同率でした。

つまり、『実際に練習した場合』と、『少しの実践とイメージトレーニングだけ』では同じくらいスキルが上達するということが分かっています。


(※写真は実験と全く関係ありません。ただの私の趣味ですw)

 

これは、NLPでは「戦略のインストール」と呼ばれています。

究極的には、人から聞いた話をイメージするだけでもある程度の効果が得られると言われています。

 

もちろん、実際に体を動かす練習も大事ですが、

汗水垂らす努力が絶対に正しいわけではありません。
(そう信じている人も多いかもしれませんが。)

人間の脳をしっかり理解して、効果的な練習をするほうが、

スキルアップのショートカットになるのではないでしょうか。

 

参考文献:

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

プロフィール

山本マサヤ

WoWmeアンバサダー就任

心理戦略コンサルタント&メンタリストとして心理学セミナーや、メンタリズムパフォーマンス、企業・人材コンサルティングをしています。
Mensa会員(IQ150以上)。

Twitterのフォローお願い致します。


YouTubeチャンネル

コメントを残す