心理学コラム

聞き上手な話し上手になる【バックトラッキング】

The following two tabs change content below.

山本 昌寛

代表取締役株式会社Infinite Innovation
【心理戦略コンサルタント&Mind-illusionist】 トップランナー100人選出(クラウドワークス株式会社)。 MENSA所属。 心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ため、心理学を駆使したマーケティング戦略立案や人材育成のセミナーを開催。 また、メンタリズムという心理誘導や読心術のエンターテイメントショーも行う。 詳しい情報はについてはこちらから『about 山本昌寛』 お仕事などのお問い合わせは『お問い合わせ』からご連絡ください。

聞き上手な女性はモテるという記事がexiteニュースに上がっていましたが、これは、女性に限らず、男性においても同じです。

参照:

聞き上手な女性はモッテモテ! 男性が心を開いて話せる女性の特徴とは!?

しかし、聞き上手になるにはどうすればいいのか。。。。そこが問題ですね。
記事のアンケートにおいては、「相槌が上手い」「聞き上手だ」なんて書かれていますが。。。「つまり、どういうこと?!聞き上手って、どうすればいいの?!」ってなりませんか?
聞き上手とは何か?

そこで今回は、日頃から人の悩みを聞くことの多い心理カウンセラーがよく使う、相手から話を引き出すテクニック【バックトラッキング】をご紹介いたします。
【バックトラッキング】とは?
簡単に言うと、相手の発言をオウム返しすることです。
例:(女性Aがバックトラッキングをしています。)
男性A「今日は大変だったんだぁ〜」
女性A「大変だったんだぁ〜」
男性A「そう〜、仕事でミスしちゃって」
女性A「えっ!ミスしちゃったの?!」
男性A「なんとかなったんだけど、ハラハラしたよぉ〜」
上記のように、
相手の発言を繰り返す
相手の発言を要約する
キーワードを拾って返す
のどれかをすることを、バックトラッキングと言います。
例を見ていただいてもわかる通りで、女性はたいして発言をしているわけではなく、
ただ、相手発言をバックトラッキングしているだけです。
しかしながら、バックトラッキングされた相手(男性A)は、自分の話を深めようと会話を展開してしまいます。
これは、自分がバックトラッキングすることによって、相手に話を深堀するキーワードを与え、話のどの部分を掘り下げればいいのか手助けをしてあげているのです。
とは言え、いきなりバックトラッキングをするのは難しいかもしれませんので、最初は、気になったキーワードや、話にあがった名称をオウム返ししてあげるといいでしょう。
バックトラッキングは、相手に「この人は、自分の話を分かってくれている!」という、同調効果を生むこともできます。
そうすると、「もっと話を聞いて欲しい」と思ってもらうことや「この人は、聞き上手だ」というイメージを持ってもらうことが可能です。人間は共感をしてくれる人間に対して、好感を持つ傾向がありますからね。
このように、バックトラッキングはコミュニケーションの活性化に有用な手法だと思われます。
ぜひぜひ、日常の会話の中でバックトラッキングをご活用ください。
ではでは。

 

Add Comment

Click here to post a comment

CAPTCHA